女性と子どものための護身法講習を提供するインパクト東京

MENU

ブログ

活動レポート

10月の「インパクト体験クラス」

10月23日、「インパクト体験クラス」を開催しました。
※写真はマガー(暴漢役男性講師)とのファイト場面

このクラスでは、前から襲われたら/後ろから襲われたら/床に倒されたら、という3つの状況から加害者をノックアウトする方法を習います。

護身についてちょっと調べてみると大体「とにかく逃げることが大事」という言葉が出てきます。
逃げることは大事ですが、逃げたくても逃げられない時や、逃げるべき状況に気づけないことや、逃げていいと思えないこと等に大きな問題があります。​それに心への暴力の場合、逃げたら守れないこともあります。
逃げるのは大事な護身の方法ではありますが、どんな場合でも常に最上の方法という訳ではないと思います。​

危ない時は逃げろとしか言われないのは何故か。それには腕力の問題が大きいのではないでしょうか。
実際、腕力に対する漠然とした不安を感じている女性は多いと思います。​腕力への不安は安全感や安心感を損ないますし、無力感につながりやすいという面もあります。
​ですが人間には、もともと自分を守る力が備わっています。腕力がないからといって、自分で自分を守ることを諦める必要はありません。

​女性には色々な力があります。逃げたり抵抗したり反撃したり。もちろんノックアウトする力も。
「インパクト」のプログラムは、その力を引き出す内容になっています。​ぜひ多くの女性に受けてもらいたいです。

 

 

インパクト東京は、安全・安心を守り、自身を大切にする生き方をサポートする護身プログラムを、女性と子どもに提供しています。
Copyright © 2007 インパクト東京(NPO法人ライフライツ) All Rights Reserved.